ニュース:


「ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ」
IPPNW(核戦争防止国際医師会議)のためのチャリティコンサート

2018年7月27日

毎年8月恒例となりました、IPPNW のためのチャリティコンサート、今年も開催します。
入場は無料、IPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部への寄付を募ります。
皆さま、多数お出かけ下さい。


日時:
 2018年8月9日(木)午後8時開演


場所:
 イエス・キリスト教会 (Jesus-Christus-Kirche Berlin-Dahlem)
 Hittorfstraße 23, 14195 Berlin
 最寄りの駅: U3 Freie Universität (Thielplatz), Bus M11, 110


主催/共催:
 filia GmbH、IPPNW-Concerts、ダーレム・プロテスタント教団


後援:
 在ドイツ日本国大使館


協力:
 ベルリン独日協会、ベルリン日独センター、ベルリン日本商工会、絆・ベルリン、ベルリン日本人国際学校、ベルリン日本語補習授業校、ベルリン中央学園補習授業校


開会:
 ウーリッヒ・エッカート(オルガン)
 - J.S. バッハ:「フーガの技法」よりカノン、BWV.1080


ご挨拶:
 カチヤ・フォン・ダマロスさん、ダーレム・プロテスタント教団会長
 三澤 康 次席公使殿、在ドイツ日本大使館


スピーチ:
 フランカ・ブリュッゲルさん、IPPNW
 「広島と長崎、想像を絶するものの記憶」


演奏者:
 山根一仁さん(ヴァイオリン)
 上野通明さん(チェロ)
 北村朋幹さん(ピアノ)


曲目:
 - フランツ・シューベルト:「ノットゥルノ」変ホ長調、D 897
 - J. ブラームス: ピアノ三重奏曲第1番 ロ長調 作品8(1854年第一刷版による)





「ノーモアヒロシマ・ノーモアナガサキ」
IPPNW(核戦争防止国際医師会議)のためのチャリティコンサート
 - ヴィオラ:大野若菜
 - ピアノ:ミシェール・ゆき・グルダル
 - オルガン:ウーリッヒ・エッカート

2017年8月9日


2017年8月6日、ベルリン・ダーレム地区イエス・キリスト教会で開催された「ノーモアヒロシマ・ノーモアナガサキ」、IPPNW(核戦争防止国際医師会議)のためのチャリティコンサートには、約500名のお客様がいらして下さいました。
皆様からの寄付金は
総額 3,957.90 ユーロ
となりました。
ありがとうございました。
全額をチャリティコンサートを共催して下さいましたIPPNW-Concerts 経由 IPPNW に寄付致します。
ご協力下さった皆様に感謝致します。
(写真提供:Dr. フランク・ブローゼさん)








「ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ」
IPPNW(核戦争防止国際医師会議)のためのチャリティコンサート

2017年7月23日

昨年に引き続き、IPPNW のためのチャリティコンサートを開催します。

入場は無料、IPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部への寄付を募ります。
皆さま、多数お出かけ下さい。


日時:
 2017年8月6日(日)午後8時開演


場所:
 イエス・キリスト教会 (Jesus-Christus-Kirche Berlin-Dahlem)
 Hittorfstraße 23, 14195 Berlin
 最寄りの駅: U3 Freie Universität (Thielplatz), Bus M11, 110


主催/共催:
 filia GmbH、IPPNW-Concerts、ダーレム・プロテスタント教団


後援:
 在ドイツ日本国大使館


協力:
 ベルリン独日協会、ベルリン日独センター、
 ベルリン日本商工会、絆・ベルリン


開会:
 ウーリッヒ・エッカート、オルガン
 - J.S. バッハ:イタリア風アリアと変奏曲イ短調、BWV989


ご挨拶:
 オリヴァー・デカーラ牧師
 岩間公典公使、在ドイツ日本大使館


スピーチ:
 ペーター・ハウバー博士、IPPNW
 「ダーレムから広島・長崎へ」


演奏者:
 大野若菜、ヴィオラ
 ミシェール・ゆき・グルダル、ピアノ


演奏曲目:
 - J.S. バッハ: ヴィオラ・ダ・ガンバとハープシコードのためのソナタ第3番ト短調、BWV1029
 - J.S. バッハ/Z. コダーイ:ファンタジア・クロマティカ ニ短調、BWV903
 - Z. コダーイ:ヴィオラとピアノのためのアダージョ
 - J. ブラームス:ヴィオラとピアノのためのソナタ変ホ長調、op.120-2





「ノーモア・ヒロシマ」
IPPNW(核戦争防止国際医師会議)のためのチャリティコンサート
- ピアノソロ:ギャレット・うみ

2016年8月15日


ヴィルヘルム皇帝記念教会で開催された「ノーモアヒロシマ」IPPNW(核戦争防止国際医師会議)のためのチャリティコンサート、400名以上の方がいらして下さいました。
東日本大震災被災地支援ボランティア団体「絆・ベルリン」が毎年被災地岩手県の高校生をベルリンに招いている「翼プロジェクト」にて来伯中の高校生諸君にも手伝って貰った募金活動の結果皆様からの寄付金は
総額 2,525.84 ユーロ
となりました。
ありがとうございました。
全額をチャリティコンサートを共催して下さいました IPPNW-Concerts 経由 IPPNW に寄付致します。
(写真提供:Dr. フランク・ブローゼさん)








「ノーモア・ヒロシマ」
IPPNW(核戦争防止国際医師会議)のためのチャリティコンサート

2016年7月15日


日時:
 2016年8月6日(土)午後8時開演

場所:
 ヴィルヘルム皇帝記念教会

主催/共催:
 Filia GmbH、IPPNW-Concerts、ベルリン独日協会、ヴィルヘルム皇帝記念教会

後援:
 在ドイツ日本国大使館

協力:
 ベルリン日独センター、ベルリン日本商工会、絆・ベルリン、C.Bechsteinピアノ工房、ピアノ・エクスプレス輸送会社

演奏者:
 ギャレット・宇見
 2000年8月15日生まれ、米国カリフォルニア州在住の日系ピアニスト。

演奏曲目:
 - J.S.バッハ: パルティータ第2番ハ短調、BMV.826
 - W.G.モーツァルト: ピアノソナタ第14番ハ短調、K.457
 - F.ショパン:エチュード第12番ハ短調「革命」、Op.10
 - F.リスト:ハンガリー狂詩曲第2番嬰ハ短調

入場は無料、核戦争防止国際医師会議ドイツ支部への寄付を募ります。





平成音楽大学支援の義援金寄付は総額 3,537.- ユーロ

2016年6月21日


5月10日(火)に行われた Auenkirche でのチャリティコンサート及びその後6月10日まで続けられた熊本・大分地震で大きな被害を受けた平成音楽大学支援の義援金寄付は総額で 3,537.- ユーロとなりました。
6月17日(金)平成大学にお邪魔し、全額を学長で教授の出田敬三氏、常任理事・事務局長の中村春治氏にお渡しし、ベルリンの温かな気持ちを確かに熊本にお伝えすることができました。
さらなるご援助は、平成音楽大学復興支援基金に直接お願いします。詳細はこちらです。

http://www.heisei-music.ac.jp/sien.html





熊本平成音楽大学への義援金寄付の募金活動、続けます

2016年5月25日


熊本・大分地震で大きな被害を受けた平成音楽大学のための義援金寄付の受付を6月10日まで継続します。
(日本国外特にヨーロッパ居住の方に限ります。日本在住の方は直接平成音楽大学復興基金にご寄付下さい。)

  1. 現金にて寄付されたい方は直接私たちにご連絡下さい。
  2. 銀行送金とされたい方は下記 Filia GmbH の口座宛お振込下さい。
      (必ず送金メモに「Kumamoto」と表記して下さい。)
    • 口座名:Filia GmbH
    • 銀行:Commerzbank
    • IBAN:DE31 1004 0000 0266 4860 00
    • BIC: COBADEFFXXX
    • BLZ:100 400 00
    • Kontonr.:266 4860 00
  3. 残念ながら、Filia は公益法人として認められていないため Spendenbescheinigung を発行することはできません。
    ご理解下さい。ご寄付の入金確認はメールアドレスが分かる方には必ずご連絡致します。
  4. ご寄付は6月10日(金)までにお願いします。
  5. その時点で集められた寄付の総額に関して皆様にご報告致します。
  6. 皆さまからの義援金は遅くとも2016年6月末日までに直接平成音楽大学の方に渡しすることに致します。

皆様の温かいお気持ちに感謝します。


Filia GmbH


(写真:平成音楽大学)







チャリティコンサート <Music for Kumamoto>

2016年5月4日


熊本・大分地震で大きな被害を受けた平成音楽大学のためのチャリティコンサートを主催します。皆さんの義援金寄付をお願いします。


日時: 2016年5月10日(火)午後7時より
場所: Auenkirche Wilmersdorf
Wilhelmsaue 118a, 10715 Berlin
最寄りの駅: U-7 Blissestrasse
入場: 無料、平成音楽大学支援の義援金寄付をお願いします。
演奏: 日下紗矢子(ヴァイオリン)、滝千春(ヴァイオリン)、倉澤杏菜(ピアノ)、眞坂亮一(オーボエ)、Daniel Gatz(クラリネット)、Maria Jose Garcia Zamor(ファゴット)、 Johannes Lamotke(ホルン)
曲目: ブラームス:ヴァイリンとピアノのためのソナタ第3番、ニ短調、作品 108
モーツァルト:管楽器とピアノのための五重奏曲、変ホ長調、KV 452
J.S.バッハ:シャコンヌ(ヴァイオリン・ソロのためのパルティータ2番より)
主催: filia GmbH
後援: ベルリン日本商工会
共催: ベルリン独日協会、絆・ベルリン、ベルリんねっと789




「マリンバ協奏曲」初演、大成功

2014年11月5日

filia GmbH が作曲を依頼、出田りあさんに献呈したベンーアリさん作曲の「マリンバ協奏曲」、杉並公会堂で「世界初演」が行われました。変化に富んだ楽想と多彩な音色を生み出したベンーアリさんの作品、確実なテクニックばかりではなく華麗なパーフォーマンスを繰り広げた出田りあさんの演奏。満員の観衆からの割れんばかりの拍手は永くなり止みませんでした。指揮の山田和樹さんが述べられていたように、お二人はこれからも益々有名になっていくことでしょう。
初演の大成功、心よりお祝い申し上げます。


出田りあ さん
(マリンバ奏者)

オハド・ベン=アリ氏
(作曲家)

「マリンバ協奏曲」





「マリンバ協奏曲」

「マリンバとオーケストラのための協奏曲」完成

2014年7月1日

filia GmbH がオリジナル曲作曲を委嘱していたベルリン在住のピアニストで作曲家のオハド・ベン=アリ氏はこの程「マリンバとオーケストラのための協奏曲」を完成しました。
この新しい曲はマリンバ奏者・出田りあさんに献呈され、初演は来る9月21日(日)杉並公会堂にて山田和樹さん指揮にて日本フィルハーモニー交響楽団との共演にて行われます。開演は午後3時(開場午後2時30分)です。

杉並公会堂オフィシャルサイト

日本フィル・オフィシャルサイト、コンサートのお知らせ


出田りあ さん
(マリンバ奏者)

オハド・ベン=アリ氏
(作曲家)




舘野泉、左手のためのピアノリサイタル

6月25日(水)夜、ベルリンフィルハーモニー室内楽ホールにて開催された舘野泉さんのピアノ・リサイタル、おかげ様で700人を超える大勢のお客様に来て戴き、大盛況でした。2曲目のアンコール、吉松隆さん編曲の「カッチーニのアベマリア」が終わった後は客席総立ちのスタンディングオヴェイション。
リサイタル後同じ建物内で行われた中根猛在ドイツ特命全権大使のレセプションの場には大勢の方が集まり、冒頭、中根大使殿は乾杯のご挨拶の中では弊 filia GmbH に対するお礼をわざわざ述べて下さいました。大使館初め皆様のご協力にあらためて御礼申し上げます。

  舘野泉さんの詳細はこちら




マリンバとシンフォニーオーケストラのための協奏曲作曲委嘱に関して

出田りあ さん
(マリンバ奏者)

Filia GmbHはこの程、ベルリン在住のピアニストで作曲家のオハド・ベン=アリ氏とオリジナル曲作曲委嘱契約を正式に取り結びました。

オハド・ベン=アリ氏
(作曲家)

ベン=アリ氏の新しい作品は「マリンバ・ソロとオーケストラのための協奏曲」としてマリンバ奏者・出田りあさんに献呈されます。初演は来る9月21日(日)杉並公会堂にて日本フィルハーモニー交響楽団(山田和樹指揮)との共演にて行われる予定です。




東ドイツ洪水被災地のためのチャリティコンサート

 7月11日にAuenkircheにて開催された「東部ドイツ洪水被災地支援チャリティコンサート」では、最終的に 3,085.74ユーロの寄付金が集まりました。ありがとうございます。
 皆様からの浄財は、8月21日、ザクセン・アンハルト州ベルリン代表部において同州次官、ミヒャエル・シュナイダー氏に直接お手渡し致しました。被災地の速やかな復興と人々の日常が出来るだけ早く普通に戻されることをお祈り致します。


寄付金引き渡し
filia GmbH
Salzachstr. 33
14129 Berlin, Germany
Tel: +49 (30) 8058-2648
CD
東日本大震災支援
「仙台フィルのためのコンサート」

ReadMore